日本でも話題沸騰のブックメーカー

俗にいう「ノミ屋」

いつも「日本でも話題沸騰のブックメーカー」にご訪問いただき誠にありがとうございます。
ここではブックメーカーについてのサッカー情報をお届けしています。

 

当サイトでご紹介しているブックメーカーというのは、主なものとしてイギリス政府公認のブックメーカー業者などとなります。スポーツの勝敗などの賭け事におきまして、配当率(予想倍率・オッズ)を提示し、そして投票(ベット)をさせる、主催者(開催者)のことを言います。

 

この「ブックメーカー」を、日本語に当てはまる言葉で表すと、俗にいう「ノミ屋」です。

 

日本の場合、法律で認められた公営競技の胴元以外、私設の「ノミ屋」を開催したり、またそれを利用したりすることは、すべて違法行為になります。

 

公営のブックメーカーのみが許可

このことから、日本にて「ブックメーカー」を旗揚げすることは法律上不可能です。

 

国によって法律が異なっていますので、アメリカは一部の州を除いて認められていませんし、シンガポールやカナダといった、公営のブックメーカーのみが許可されている国も存在します。

 

しかしイギリスにおきましては、政府の認可制で、民間がブックメーカーを開業することが出来るようになっているのです。

 

さらに結構な優良企業で、AIM株式に上場をしていたり、サッカーチームや大会のスポンサーにもなったり、あのヒルトングループが運営しているブックメーカーさえもあります。

 

これはつまり、私たち日本人がJRAや、TOTO(スポーツ振興くじ)、またロト6を買うの同じくらいに、イギリスにおいてはブックメーカーがメジャーなものになっているのです。

 

まず最初に的確な情報収集をすることが大切で、意外と知っているようで知らないのがブックメーカーなのです。
UEFAチャンピオンズリーグの情報をインターネットや雑誌などを参考にして集めましょう。

 

ブックメーカーについてこの記事を読んでいるということは、調べているのかと思います。
いくつも参考にするべきサイトはありますので、ブックメーカーの基本的な知識をまずは学ぶようにしてください。

 

ブックメーカーに関する多少なりともある程度の知識というのを貴方は持っているでしょうか?
インターネットでブックメーカーの情報サイトやクチコミサイトをきちんとチェックして納得のブックメーカー情報を探すようにしましょう。

 

意外と知っているようで知らないのがブックメーカーであり、まず最初は基礎知識を勉強することが大切です。
何も知識を持っていない状態でUEFAチャンピオンズリーグを調べましても意味がありませんので、UEFAチャンピオンズリーグをインターネットで検索しましょう。

 

例えばJリーグで賭け事を楽しむためには、宝くじの一つであるTOTOのみが合法となっています。
でもそんなJリーグもブックメーカーを利用することによって、もっといろいろな賭け事を楽しむことが出来るのです。